ヘッダ帯.jpg
㈰.JPG
図3.png

天下の奇祭 鳥羽火祭り

約1,200年前に始まったとされる『鳥羽の火祭り』が鳥羽神明社で斎行されます。


竹と茅で作った高さ5mの「すずみ」に火がつけられ、「福地」と「乾地」のふたつの地区に分かれた、神男と古いのぼりで作った衣装を纏った奉仕者たちが燃え上がる炎の中に勇敢に飛び込み、神木と十二縄を競って取り出し神殿に供えます。


「すずみ」の燃え具合と「福地」「乾地」の勝敗によって、その年の天候・豊凶を占います。

お知らせ

本年火祭りは実施しますが、無観客での催事として執り行います。

よって、今年度の鳥羽火祭りは、桟敷席はございません。

鳥羽火祭りとは

㈪更新版.JPG

鳥羽の火祭りは、愛知県西尾市鳥羽町にある、鳥羽神明社にて、およそ1200年前より継承され続けている伝統行事です。

鳥羽神明社脇を流れる鳥羽川を境に、東西に「幹地」「福地」と地区を二分し、それぞれの地区の若者から1名祭りの中心的存在である「神男」が選ばれます。
 

㈫.png

「神男」は祭り当日の3日前より、神明社に籠もります。

彼らはこの3日の間、自身で煮炊きした料理を食べ、境内の掃除をし、1日3度の冷水を浴びることで、心身を清める禊を行ないます。

スクリーンショット 2020-11-05 23.16.55.png

鳥羽火祭りには祭りの象徴的存在である「すずみ」があります。

すずみの材料は、古くから地元の山林で採取され、現在もすずみの材料を絶やさぬよう、年月をかけた植林活動がなされています。

 

すずみは幹地、福地でそれぞれ1基ずつ作ります。

すずみは、「神木」と呼ばれるアベマキの木をその中心に添え、60本の笹付きの青竹を用いて周囲を囲い、中には多量の茅を敷き詰め、藤蔓によって周囲を締め上げて作られます。

形が出来上がった後に、1年の月数を表わす「十二縄」を、平年は12巻き、閏年は13巻き巻き上げます。

 

完成した2基のすずみは、公平性を期すために神男が社頭で籤を引いて。それぞれの取り分を決めます。

㈭.JPG

祭りの当日、祭りの参加者(奉仕者という)は午後二時頃に神明社に集合し、晒の下帯に鉢巻、白足袋姿に身を調える。

そして、神男を先頭に、隊列を組んで浜へ行き、二月の極寒の海の中で禊を行なう。

 

福地の神男が御幣を付けた竹棹を海に投げ入れ、これを乾地の神男が拾う。その後、再び神男を先頭に隊列を組んで神明社に戻ることで、禊は終了する。

㈮.png

夕刻、奉仕者たちは祭りの幟で作られた「ネコ」と呼ばれる装束に身を纏い、神明社に再び集合します。

神明社の拝殿にて神男らのお払いが行なわれ、その後にネコ姿の奉仕者たち全員を塩で清めます。

全ての清めの儀式を終えた後、「火付け役」を先頭に全員がすずみへ向かいます。

火付け役は、火打石によって種火をつくり、この炎によってすずみに点火されます。

㈯.JPG

すずみに燃え上がる炎の中に、勇敢な男たちが勢いよく飛び込みます。

火祭りは、その炎の燃え具合や、神木と十二縄を幹地福地のどちらが先に取り出すかにより、その年の豊凶を占います。

 

鳥羽火祭りは、「神男」を中心とした塩垢離とりの習俗や、すずみの製作と材料の調達などに地域をあげての参加がみられ、伝承の根強さがあります。

また、燃えさかるすずみの中から神木や十二縄を取り出す競争は他に類例が少なく、地域的特色も豊かなお祭りです。

鳥羽火祭りへの神男・奉仕者(参加者)は、鳥羽地区在住或いは鳥羽地区での在勤者で基本的には行ってきており、火祭りへの憧れ・親しみ、人との絆といった、人間関係を大切にし守ってきました。

ここでは、現在参加している沢山の奉仕者の想いを伝えていきます。

私たちの想い

㉀.png

鳥羽火祭り保存会会長です

鳥羽火祭りは、1200年続いてきた歴史がありますが、その歴史は人で繋がってきた歴史です。

保存会としては、これまで以上に若年層の方々とも協力をしていき、

祭りを盛り上げながらも次世代へ継承していけるものにしていきたいです。

㈷.JPG

火祭りは、鳥羽の皆さん全員でつくっていて、年齢問わず暖かく迎え入れてくれる場所だと思っています。

人と人のつながりが強いことが魅力でもあり、参加して初めて分かることが多いので、僕らの世代が盛り上げていければと思います。

㉂.JPG

火祭りは参加者だけでなくて、鳥羽の方々全員と関われる場だと思っています。

祭りを通じて地域の方とのつながりが広がっていくことが魅力で、年齢関係なく暖かく迎え入れていただけることがなかなか無い魔書だと思います。

若者がどんどん少なくなってくる中で、僕たちも次の世代へとつないでいけるようにがんばります。

㉃.png

火祭りは最初はお客さんとしての参加でしたが、やっている人たちの魅力に惹かれて、自分も参加するようになりました。

今では火祭り自体が生活の一部になるくらい自分の中で大切なものになっています。

㈹.png

10代で初めて祭りに参加しましたが、最初は同級生に誘われたことがきっかけでした。

実際やってみて感じたことは、人とのつながりがとても深いことがとても魅力に感じるところですし、伝えたい部分でもあります。

​年間行事

令和3年開催に向けた行事です

図1.png

アクセス

・名鉄蒲郡線「三河鳥羽」駅下車 徒歩12分

※火祭り開催当日はかなりの混雑が予想されるため、公共交通機関にてお越し頂きますようお願いいたします。

図2.png